はじめまして、精神保健福祉士です。

昨年4月から精神保健福祉士として勤務しています。あまり聞きなれない職業かもしれませんが、精神保健福祉士は、長期に精神科病棟に入院する患者さんたちが、地域で生活していくための支援を行うことを使命としています。

 

当院で働き始めてから1年弱、「今度退院することになったので、近くで受診できる診療所を探している」といった患者さんからの問い合わせは、まだありません。長期の入院から地域社会での生活に移行するために、地域の精神科や心療内科を受診する必要のある方は一定数いるのではないかと考えますし、そういった方々のサポートをしたいと常々思っているのですが…。

 

統計上、精神科の病院で亡くなられる方は年間2万人程度いると言われています。また、厚生省の調査結果として、精神疾患を発症してから受診に至るまでの「未治療期間」は、平均して1年以上あるということが報告されています。

 

 

このことは、退院して社会生活に復帰すること、適切な治療を受けることといった当然の権利がきちんと保障されていない状況を示しています。このような状況が引き起こされる原因のひとつに、患者さん自身やその周囲に、正しい保障や医療サービスの情報が伝わっていないことがあるのかもしれません。かつて、呉秀三(くれしゅうぞう)という著名な精神科医が、「わが国十何万の精神病者はこの病を受けたる不幸のほかに、この国に生まれたるの不幸を重ぬるものというべし」と述べましたが、昨年末には大阪で精神疾患を理由に長年監禁された女性が亡くなったという痛ましい事件もありました。100年近くに渡る長い年月を経ても、精神疾患への誤解や知識の乏しさという現状があり、今後も改善が目指されていかなくてはなりません。

 

このような状況下、当院で働く精神保健福祉士として、必要とする人に適切な医療サービスを届けるための役割を果たせたらと願っています。(地道なことではありますが、受付で顔を合わせ、言葉を交わす患者さんとの時間を、これからも大切にしていきたいと思います。