うつ病が治らない

 

 

という訴えが、患者さんからよくあります。

治療を初めて1ヶ月以内であれば、「それはフツウですよ」と答えています。

なぜなら、うつ病は「治す」病気ではなく、「治るのを待つ」病気だからです。

 

「治るのを待つ」とは、どういうことでしょうか。

「運行本数が非常に少ない田舎のバス停で、時刻表もないのにバスを待つ」ことに例えてみます。

バスに乗るためには、バス停でバスがやって来るのをじっと待っていなければなりません。

しびれを切らして、バスが来る方向にバス停を離れて迎えに行き、運悪く途中でバスが来たら、バスに乗れないことになってしまいます。

確実にバスに乗るためには、バス停でじっとしていることが、最も確実な方法です。

うつ病も、このバスのように、何月何日何時何分に治るかがわからないもので、その場にとどまって待つことが治療法の基本です。

 

治るのを待っている間に大切なことは、何もしないで休養をとることです。

うつ病の一番の薬は休養といっても過言ではありません。

以前のブログでうつ病は電池が残り少なくなっている状態と説明しましたが、この不足分を充電しなければなりません。

 

山の中に迷い込んで、自分の携帯電話の電池の残量が少なくなっているとき、どうしたらよいかを患者さんに尋ねることがあります。もちろん充電するコンセントもない状況です。

正解は携帯電話の「スイッチを切る」です。

そして自分が必要になった時にだけ、スイッチを入れて連絡を試みることです。

うつ病の患者さんにとってスイッチを切るということは、身体をできるだけ動かさないことです。

言い換えると、とにかく横になってゴロゴロしておくことです。

うつ病の状態が悪い時は、眠ることすら難しいものですが、ただ横になっておくだけで十分に充電ができます。

うつ病の状態がよくなってくると、自然と眠れるようになります。

この時、「眠れればうつ病が治る」のではなく、「うつ病が快方に向かえば眠れるようになる」のである点を、勘違いせず認識しておくことが重要です。

 

上記を試みてまだうつ病が治らない場合、患者さんにアルコールを摂っていないかを尋ねます。

よく患者さんから聞くのが、「眠れないからお酒を飲んでいる」という答えです。

アルコールを摂取すると眠れるように感じている方もいるのですが、睡眠の質は悪いものとなってしまいます。

また、アルコールによって一時的に気分がよくなり、「なんだか明日は仕事に行けそうだ」と思えたのに、翌日にはさらに落ち込んでしまったという話もしょっちゅう聞きます。

 

一時的な高揚感など、アルコールにはすぐに反応があるため、待ち続ける状態に焦りを感じる患者さんにとって魅力的な飲料です。

しかしながら、うつ病治療の大原則である「待つ」姿勢に全く反していますので、アルコール摂取は自らうつ病を治りにくくしているだけであるという点を、患者さんには繰り返しお伝えしています。

 

「何もしないで横になる」、「アルコールを摂取していない」の2点がすべてクリアされているのに快方に向かわない場合は、抗うつ薬の量を調べます。

量が十分であれば、次には抗うつ薬の種類を調べます。

現在使われている抗うつ薬と作用機序と違う種類の抗うつ薬を使うか検討します。

これでも治らないときは、もう一度診断をしなおすのが、うつ病が治らないときの流れです。

 

医師は、どんなうつ病の患者さんとも、じっくり向き合っていきます。

「周りに迷惑をかけているのではないか」、「早く仕事(学校)に復帰しなきゃ」といった患者さんの焦る気持ちをしっかり受け止めながら、「じっくり待つ」ことに寄り添っていきますので、うつ病は必ず治ると信じて、向き合ってほしいと願っています。