いざ鹿児島へ



こんにちは!スタッフUに代わりまして、今回はスタッフTがお届けします!
10月の連休、サザンクリニック一行は鹿児島への一泊二日の慰安旅行に出かけました。
この2日間で、私たちを満腹にしてくれたものをご紹介します。
朝7時30分長崎駅より特急「かもめ」→新幹線「さくら」でいざ鹿児島へ−−−
Let’s go!!


♪満腹その1:大食いチャンプの集団・サザンクリニック
朝:かもめ号の車中・サンドウィッチを完食
昼:知覧の武家屋敷の中・郷土料理(さつまあげ)を堪能
夜:指宿にて海を眺めながら・ビールで乾杯
翌朝:バイキング・食べ放題
昼:行列に並んで食べた黒豚かつ定食(字余り)
当院スタッフは腹八分以上、腹十二分でいただくことが常です。
ほんとうに胃満(足)旅行でした。


♫満腹その2:鹿児島パワーを堪能
車窓から見る桜島、もくもくとあがる噴火の煙!
知覧の武家屋敷の日本庭園。
指宿の砂風呂からの眺め。
鹿児島市内・島津家の日本庭園。
2日間共に天候に恵まれ鹿児島を満喫しました★★★




♬満腹その3:院長からの「お・も・て・な・し」
日頃の労(?)をねぎらって、院長にはトイレタイム、食事タイム、おみやげタイムを率先してとってもらいました。
「先生、おしっこ!」、「お腹すいた!」…まるで修学旅行でした(笑)。
その他、荷物運びと荷物の見張り番、カメラマン、レンタカーの運転手、行列のできる店の順番とり…1人でなん役もこなしてもらい、ただただ感謝でした。
院長のムームー姿(ホテルの部屋着)が意外と似合っておりまして、スタッフの第一声は「白衣より似合う!カッコいい!!」でした。


最後に、私はいつも職場のみんなの笑顔に救われます。ささいなことでもわかちあってくれます。お陰さまで今回の慰安旅行で、またたくさんの笑顔のもととなるエネルギーを蓄えてくることができました。
サザンクリニックに来てくださった皆さまに、「ここに来院して良かった!」と思っていただけるよう、これからも心をこめて働いていきたいと思います。皆さんにも笑顔をお返しできますように!