あたりまえに感謝…

 

 

6月も最後になり、あっという間に1年も半分が過ぎてしまいました。

 

6月と言えば梅雨、紫陽花、蛍、田植え、カエルやおたまじゃくしにかたつむり。

いろいろ連想するものは、水のある自然の風景の中に多いように思います。

今年の梅雨は、前半は雨が少なくて農家の皆さんも苦労されているという話をよく聞きました。

雨は降りすぎると大災害をもたらし、少なすぎると水不足でたちまち私たちの暮らしのリズムが壊されてしまいます。

あらためて、普通に水道から水が出てくること、お風呂に入れること、食事が出来ること、それから水をたたえた川の美しさや山の緑の鮮やかさに触れられることに感謝します。

あたりまえの事があたりまえでなくなった時、その大切さに気づくことができる。

そんなことに雨をとおして思いを巡らすことができるのが、この季節のよいところです。

 

最近、成人した子どもたちと小さい頃のことを話していた際、まるで突然の雨に打たれた時のようにはっとする…ということがありました。

 

小さい頃から背が高かった長女は、いつも列の一番後ろで、何をするにも年齢よりちょっと上のレベルを求められるというのが、あたりまえになっていたそうです。

私も長女については、お世話好きでしっかりしているという印象を持っていたので、よく弟たちの面倒を見てもらっていました。

 

 

ところが、当時の長女の本音は、そんな周りの思いからかけ離れていたのです。

スイミング教室では幼稚園生にもかかわらず、背が高いという理由で小学校低学年生コ−スで泳ぐことに。

次は妹が生まれてくると確信して待っていたのに弟が生まれ、とてもショックを受けたり。

いくら注意しても言うことを聞いてくれないやんちゃな弟たちと喧嘩になると、お姉ちゃんだからという理由で我慢をさせられたり。

時には兄弟で植えたアサガオの芽が、自分の分だけ出てこなくて、心配したり。

「しっかり者」として信頼されていた一方、小さな胸を痛めることも、とても多かったようです。

 

当時、私も余裕がなくて長女のそんな苦労も感じ取れず、長女が弟たちの面倒をみてくれるのがあたりまえのようになっていました。

身体は大きいけれど心は小さくて、その小さな心で一生懸命闘ってくれていたのだなと思うと、

もう少し味方になってあげないといけなかったかなという反省と、

頑張ってきてくれてありがとうという感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

日々の中で、現状に対してもう少しこうだったらいいのにと不満を持つことも多いものです。

一方で、平和で、物も豊か、便利な生活があたりまえになっている今、そこには、昔、長女がそうしてくれていたように、多くの人の努力や助け、忍耐があることにあらためて気づき、あたりまえのことがあたりまえにできる事に感謝しないといけないなと思いました。

 


桜の花が満開です。

  

ついこの間まで、冷たい風に身を縮めて歩いていたのに、今はもう、温かな、甘い香りをのせて春風が吹き、桜の花も満開です。

桜の花は、満開になるのも散ってしまうのもあっという間で、少し物悲しさを感じる花でもあります。世間では、出会いや別れの時期(卒業、進学、就職、転勤等)と丁度重なり、不安定だからでしょうか?

長男の大学の進学先で新生活の準備を終えて一人帰る時に見た桜は、美しくもあり、はかなくもあり、寂しくもあり、複雑でした。その時の記憶は、桜の花とともによみがえってきます。

私が初めて社会人になったのは、もう数十年前になります。色々な不安でいっぱいで、顔はこわばり動きはロボットのようだったかもしれません。どちらかと言うとネガティブ思考の内気な性格です。職場の人達とうまく付き合えるか不安でした。

幸い、その職場は老いも若きも、男性も女性も、既婚者も独身者も一緒という所だったので馴染みやすく、新卒の私は可愛がってもらいました。

私の心を柔らかくし開いてくれた先輩達は、まず近づいてきてくれました。

1段階としては、仕事帰りに食事に誘ってくれ、少し話す。それも適度な距離感で《困っていること、わからない事はない?くらいの質問程度)。それから段々家に招待してくれて料理をごちそうしてくれたり、泊めてくれたり。そうこうしているうちに、お酒の入った席で言い放題言ってストレスを発散したり、自分の考えや志を熱く語ったりと楽しい時間を共に過ごすことが増え、一緒に仕事をするのも喜びも感じるようになりました。(あまり語るのがとくいではなかった私は、主に聞き役でしたが一緒にいるときの雰囲気が好きでした。)

そしてついには何か役にたちたい、先輩達のようになりたいと思うようになって行ったのです。優しい先輩たちが差し延べてくれた手には今でも感謝しています。家庭に入ってそういう付き合いは難しくなり、今は年賀状を出す程度ですが、近々仲良くしてもらった先輩達を招いて語りあかす予定です。その頃には葉桜になっているでしょうね〜。


 

 


ムーミンママのようにはいかないけれど...

こんにちは。スタッフOです。

5月ももう後半。通勤途中の桜並木も 今は若葉をいっぱいつけ、日々その色を濃くしています。

新聞にムーミンの記事があり 懐かしく思い出したお話があります。

それは楽しいムーミン一家の第一話。

冬眠から目覚めたムーミンが、親友のスナフキンと一緒に山で 飛行オニの魔法のシルクハットを見つけて持ち帰ります。ムーミンパパがかぶるには大きすぎてごみ箱として利用することになりました。ゆで卵の殻をスニフが放り入れると、なんとそこからもくもくと雲が出てきます。ムーミンたちはそれぞれ雲に乗って 空に舞い上がり自由に飛び回ります。

(本当に雲に乗って遊べたら楽しいだろうなーと今の年齢になっても思います(笑い)) 時間が経つと、雲は消えてしまい 今度はかくれんぼをして遊びます。 ムーミンは魔法のシルクハットの中に隠れます。最後まで見つかりません。皆から出てくるように言われてムーミンは姿を現すのです...その姿は、ムーミンとは全く似ていない ちょっと恐い顔をした

毛むくじゃらの生き物だったのです。

ムーミンは一生懸命「ムーミンだよ」といいますが、だれも信じてくれません。

そこへムーミンママ登場。最初はママも驚くのですが、じっと顔を見つめて「そうよ。あなたはムーミンよ。可愛いムーミンをママが忘れずはずがないわ...と言って抱きしめるのです。するとムーミンも徐々にもとの姿に戻っていきます。

 

この話はとても印象深くて、今でも鮮明に覚えています。

実際、母親になってみると、特に子供が小さい頃は、夜泣きしたり おねしょをしたり 病気になったり 忙しいときに限って思うように動いてくれません。

宿題した〜?時間割した〜?忘れ物ない〜?はみがきした〜?が口癖になり、ああ〜今日も余裕がなかったかな〜と反省するばかり。

そして思春期の頃になると、おしゃべりだった子がだんだんと口数が少なくなり,小さいころとはちょっとと違った雰囲気がでてきて。戸惑ったり...

 

ムーミンママのようにいつも優しく温かくということはむずかしいけれど、このお話を思い出して少しでも近づけたらいいなと思っています。


| 1/1PAGES |