バス友たちに思いを馳せて

 

もう何十年ぶりでしょうか  

マイカー通勤からバス通勤となりました。高校生時代のバス通学以来です。

 

最近のバスの中の光景は、私をとてもさみしい気持ちにさせることがあります。

ご高齢の方や子ども連れのお母さんの姿に気づくことなく、目はスマートホンの画面に釘づけ。耳には音楽を聴くためのコードがぶら下がっています。

 

遠い昔のことではありますが、私には誰かに話したくなるような、楽しく貴重な高校時代のバス通学の思い出があります。

 

当時、私は1時間半程の遠距離通学をしていました。

早朝始発バスに毎日乗る顔ぶれは、ほとんど決まっておりました。

端島(軍艦島)が閉山になって、再就職を目的に職業訓練所に通っていたおじさん2人。

(高校生の私にとってはおじさんでした。)

高島鉱山が閉山になって訓練所に通っていたおじさん。

戸町・小菅・浪の平の造船所で働いていたおじさんたち。

高島から転校して来た友人。

彼らが「バス友」のレギュラーメンバーでした。


 

定期テスト期間中、端島からのおじさんたちは「勉強せんね」と席をゆずってくださいました。

彼らは「いくつになっても再出発できるようになりたか」と訓練所の研修に励んでおられました。

 

道中、バス友たちはいつも笑顔。

一方、当時高校生だった私には、炭鉱が閉山となり、新しい仕事に就いたり、生活を始めるご苦労など何もわかっていませんでした。

目的地も暮らしも立場もちがうバス友たちでしたが、同じ景色を見つめながら、毎朝のひと時を過ごしていました。

その車内にはいつも温かい空気が流れていたことを、私は今もくっきりと思い出すことができます。

 

この夏、県内で世界遺産に登録されたのは、小さい頃から聞き慣れた身近に感じる場所ばかり。

「懐かしいバス友たちの中に、そこで汗を流して働いていた人もいたんだよ」

そんなことを思いながら、今日も私は満員バスに揺られています。


坂の上のわが家

 

「うちの坂はすごかとよ」

わが家をたずねてくる人に、そう話します

その期待()を、裏切ることはありません。

わが家は、本当に急な坂の上にあります。

毎日坂を登って自宅に帰りますが、何年経っても慣れません。

そんな坂での出来事です。

 

小学生の男の子から「荷物が重そうですね。持ちましょうか?」と声をかけられました。

その男の子の背中にはランドセル、手にはシューズと給食袋。

私が荷物をやっと持ち、足取りも重く歩いているように見えたのでしょう。

実際、心配ごとや悩みを抱えた頃でもありました。

その男の子の天使みたいな笑顔に出会って、心がずいぶん軽くなったのをよく覚えています。

 

またあるご婦人は腰痛のためのマッサージを終えて、坂を登る途中でした。

「坂を登るうちにまた元にもどっちゃった」と、坂が日常にある苦労を笑って話していらっしゃいました。

 

このわが家に続く急な坂は、エピソードに事欠きません。

毎日の通勤には難儀しますが、記憶に残るシーンがたくさん生まれた坂でもあります。


 

 

最近、この坂を上るコツを見つけました。

坂のてっぺんを見ながら登っていた頃は目標地点が遠くに見え、ため息ばかりついていました。

そこでただ足元だけをみながら一歩一歩進んでみると、「アラ、もう着いた」という感覚になることを発見しました。

坂がなだらかになったら足を止め、増改築の家やよそのお宅のきれいな庭を眺めます。

最近では私なりの「坂道のテーマソング」を口ずさむこともあります。

♪ほうら足元を見てごらんこれがあなたの歩む道〜 

♪ほうら前を見てごらんあれがあなたの未来〜

♪未来に向かってゆっくりと歩いてゆこう〜

私の好きなキロロというグループの歌の一節です。

坂を上る時、心の応援歌になっています。

このような「コツ」を見つけたものの、夏の坂はやっぱり汗だくになるので、辛いものです(笑)。

 

季節によって、天気によって、はたまた心のあり様によって、その角度を変えているかのように映る坂。

これからも一歩ずつ踏みしめながら、上って下りて、ともに暮らしていこうと思います。

 

スタッフT


いざ鹿児島へ



こんにちは!スタッフUに代わりまして、今回はスタッフTがお届けします!
10月の連休、サザンクリニック一行は鹿児島への一泊二日の慰安旅行に出かけました。
この2日間で、私たちを満腹にしてくれたものをご紹介します。
朝7時30分長崎駅より特急「かもめ」→新幹線「さくら」でいざ鹿児島へ−−−
Let’s go!!


♪満腹その1:大食いチャンプの集団・サザンクリニック
朝:かもめ号の車中・サンドウィッチを完食
昼:知覧の武家屋敷の中・郷土料理(さつまあげ)を堪能
夜:指宿にて海を眺めながら・ビールで乾杯
翌朝:バイキング・食べ放題
昼:行列に並んで食べた黒豚かつ定食(字余り)
当院スタッフは腹八分以上、腹十二分でいただくことが常です。
ほんとうに胃満(足)旅行でした。


♫満腹その2:鹿児島パワーを堪能
車窓から見る桜島、もくもくとあがる噴火の煙!
知覧の武家屋敷の日本庭園。
指宿の砂風呂からの眺め。
鹿児島市内・島津家の日本庭園。
2日間共に天候に恵まれ鹿児島を満喫しました★★★




♬満腹その3:院長からの「お・も・て・な・し」
日頃の労(?)をねぎらって、院長にはトイレタイム、食事タイム、おみやげタイムを率先してとってもらいました。
「先生、おしっこ!」、「お腹すいた!」…まるで修学旅行でした(笑)。
その他、荷物運びと荷物の見張り番、カメラマン、レンタカーの運転手、行列のできる店の順番とり…1人でなん役もこなしてもらい、ただただ感謝でした。
院長のムームー姿(ホテルの部屋着)が意外と似合っておりまして、スタッフの第一声は「白衣より似合う!カッコいい!!」でした。


最後に、私はいつも職場のみんなの笑顔に救われます。ささいなことでもわかちあってくれます。お陰さまで今回の慰安旅行で、またたくさんの笑顔のもととなるエネルギーを蓄えてくることができました。
サザンクリニックに来てくださった皆さまに、「ここに来院して良かった!」と思っていただけるよう、これからも心をこめて働いていきたいと思います。皆さんにも笑顔をお返しできますように!
 

| 1/1PAGES |