お母さんを卒業する日

当院のスタッフの多くは子育て終盤世代もしくは子育て卒業世代が多いのですが、私自身も子育てを(ほぼ)卒業した母親です。

 

20代後半で結婚し、3人の子どもに恵まれました。

あれやこれやと無我夢中だった子育ての最終段階、子どもが進学で県外に行くことになりました。

 

初めての一人暮らしです。

家探しから一通りの生活道具の買い出しを終えて家に帰りました。

この時までは、母親として子どもの一歩前を歩いているという自負がありました。

 

ところが…

最初のゴールデンウィークに心配して子どもの元を訪ねてみると、立場は逆転。

駅で切符を買うのも、道を歩くのも子どもが常にリードし、ちゃんと付いてきているか確認される始末。

緊張した面持ちで親元を離れた時からわずか1ヶ月ちょっと。

頼もしくなっている姿に驚きました。

 

そのころからでしょうか。

子どもらが自分より先を歩いているような気持ちになるようになったのは。

 

 

今はで、ネットショッピングに戸惑うのを助けられたり、子育てを始めたばかりの子どもにアドバイスしても「それはもう古いよ」と言われてしまったり。

なんだか自分に母親としての役割が無くなってしまったような、ふっと寂しく思えることもあります。

 

でも、思い返してみると子育て中は一時だって同じ時はありませんでした。

子どもとの関係も子どもの成長に合わせて少しずつ、でも確実に変化してきました。

家族の形も同じく変わり続けています。

 

当たり前のことかもしれませんが、そう思うと今の一瞬一瞬もまた過ぎ去っていくのだと、尊いような気持ちになります。

一つだけ変わらないのは、母親はいくつになっても子どものことが心配だということです。


ただいま「おばあちゃん」修行中!

 

今春、待望の初孫が誕生しました。私もようやく「おばあちゃん」です。

孫は本当にかわいいと聞きますが、長時間のドライブで関西からはるばるやってきた、息子そっくりの女の子を見ると、一気に嬉しさがこみ上げてきました。

 

まだ首も座らない孫だったので何もわからないだろうなあと思いつつ、話しかけてみると、ニコッと顔をほころばせます。

それが嬉しくて、何度も何度も話しかけました。

わが子と違い、孫は気持ちに余裕を持って接することができるものなんですね^^

 

 

 

ちょうどお花見によい季節だったので、十数年ぶりにピクニック弁当をこしらえ、息子夫婦と一緒に孫を連れて出かけました。

青空の下、ベビーカーから孫を下ろしてひなたぼっこをさせたのですが、帰宅後にうっかり日焼けさせていることに気づいて慌てました。

ほんのり小麦色のツヤ肌になっている孫を見て、「まだ早すぎたね、ごめんね」と申し訳ない気持ちになりました。

私が若い頃、よく子どもたちに日光浴をさせていたものですが、今の時代は強すぎる紫外線が問題視されています。悪いことをしてしまいました・・・。

 

宮参りに行った際には、私が孫を抱いて石段を下っていると、主人からさかんに「転ぶなよ!」の注意が飛んできました。

新米おばあちゃんは、まだまだ信頼されていないようです…苦笑。

 

離れて暮らしているため、なかなか会うことはできませんが、孫とのふれあいをとおしてりっぱなおばあちゃんになれるよう、またここから成長していきたいと思います!


売店、あります!

 

今回は、当院の売店をご紹介します。

「え?サザンクリニックに売店なんてあったっけ!?」と、通院されている方は驚かれるかと思います。

 

実は、とてもステキな売店があるのです!

正しくは、当院のすぐ裏手。その売店は、ひっそりとお客さんを待っているのです。

 

それは近くの農家の方が、野菜やお花を無人で売っている販売所。

どこよりも新鮮で量もたっぷりの品々が、すべて100円なのです。

種類が豊富な時もあればそうでない時もありますが、季節の野菜や花が並ぶその売店は、私のお気に入りで、勝手に「サザンの売店」と親しみを込めて呼んでいます。

 

まだ子どもたちが中学校や高校に通っている時には、甘夏の季節になると、毎日2個買って皮を向き、冷蔵庫で冷やしていたものです。部活から汗びっしょりになって帰ってくる子どもたちに、うってつけのおやつになっていました。

 

つい最近は、ジャガイモが毎朝並んでいました。

一人で買い占めてはいけないと毎日1袋ずつ買って、5袋集まると離れて暮らす娘たちに送りました。


 

 

院内に飾ってある花も、ここから買ったものが多いのです。

アジサイ、グラジオラス、ユリ…

花生け名人のスタッフに渡すと、100円のお花たちが、びっくりするぐらい華やかに院内を彩ってくれます。

生けた花を写真で撮って帰られる患者さんもいらっしゃるくらいです。

 

当院にお越しの際は、ぜひ「売店」にもお立ち寄りくださいね^^

安くて新鮮なお野菜を買って帰っておいしい晩ご飯をつくったり、季節を感じるお花とともに帰れば、いつもより元気がわいてくるかもしれません。


| 1/3PAGES | >>